レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net












ベースモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018

2003年

2003-10-30 Ver3.60
  • DXFファイルのプレビューで、各行の先頭にスペースが無いDXFファイルでもプレビューできるように改善。
  • DXFのパラメータ設定で、読み込み時に楕円近似に関する設定を追加。
  • ピッチ指定の代わりに分割要素数を指定できるようにしました。
  • 削除ターゲット要素の端点付近で交差していた場合、微小要素が残らないように計算精度を変更しました。(0.000001未満から0.0001未満)

2003-06-24 Ver3.59
  • DXFのプレビューで図面領域の指定が無い場合は、自動でフィット計算するように変更。
  • グループ認識において、領域枠の内外にかかる要素を領域外で囲んでも認識できない問題を改善。
  • スクリーンセーバー稼動によるマウスイベントの大量発生で動作が極端に遅くなる問題を回避。
  • 設定−環境(インターフェース)で「寸法線コマンドで座標指定する際に寸法線の構成要素からも補正座標を求める」を追加。
  • 領域変更で図面縮尺を変更した場合は、各図面情報のサイズに倍率を加えるようにした。
  • 線−接線コマンドの処理モードを、点接線・円接線と独立するようにした。
  • ハイパーマクロの実行で、ファイル選択する際に設定されているハイパーマクロフォルダが開かない問題を改善。

Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.