レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net









ベースモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018



2009-12-16 Ver3.85

Windows7に正式対応しました。


2009-10-01 Ver3.84

対角点指定によるグループ認識処理にて、結合要素に非表示レイヤ要素が含まれていても、その要素を無視して認識する機能を追加した
右クリックによるポップアップメニューのマスク設定画面-「非表示レイヤを無視する」チェックにて設定する


2009-07-30 Ver3.83

設定メニューの環境より選択できるDXFタブのパラメータ編集画面にてスプライン要素読み込み時の要素圧縮設定、初期値を変更しました 
   補正間種別 :円弧・線要素
   補間許容誤差:指定 [0.010000]
コマンドマクロとハイパーマクロのヘルプファイルがVistaに対応しました
プロパティコマンドにて、半角15文字以上格納された文字要素を複数選択し、プロパティを変更すると半角15文字以降の文字を切り捨ててしまう不具合を修正 
設定メニューの環境より選択できるDXFタグのパラメータ編集画面にて初期選択状態となっているスプライン要素に対しての要素圧縮の内容の誤字を修正しました 
   補完許容誤差→補間許容誤差


2009-03-26 Ver3.82

DWGファイルの読込機能強化
DWGファイルの読み込みをACAD2008に対応しました。
DXF形式のファイルを読み込む時、スプライン要素に対して要素圧縮をかけるように修正
設定メニューの環境より選択できるDXFタグのパラメータファイル編集画面で、以下の項目の設定ができます。
 補間種別     :要素圧縮を線のみで圧縮するか、円弧と線で圧縮を行うかが
            選択できます。
 補間許容誤差  :指定を選択時は、要素圧縮の時の許容誤差を任意に指定します。
               自動を選択場合は、スプライン要素の大きさに応じて読込時に
            許容誤差を自動調整します。
DXF形式のファイルを読み込む時、ハッチング要素の境界線を読み込む機能を追加
設定メニューの環境より選択できるDXFタグのパラメータファイル編集画面で、
以下の項目にチェックすることにより、ハッチング要素の境界線を読み込むことができます。
   □ハッチング要素の境界線を出力する
プロパティコマンドを追加
修正-プロパティコマンドを追加しました。
要素(線・円・点・文字)を選択することにより、その要素の属性を変更することができます。
複数の要素を選択した場合は、選択された要素に応じて変更できる項目が変化します。
右クリックでモードが切り替わるコマンドに、補足ガイドメッセージを追加
角丸め・面取りを選択した時に表示されるダイアログ画面上のキーボード操作を変更
   [カーソルキーの↑↓] :項目の移動
   [エンターキー]      :次の項目へ移動
環境設定-「システムの更新」を実行すると「ファイルを開く」で参照するフォルダがデフォルトに戻っていたが、前回開いたフォルダを参照するよう変更
平行線コマンドの「距離、個数の入力」画面にて入力値を変更せずに2回以上OKボタンを押下する、又は0を入力している場合、作図確認メッセージを表示するよう変更
基本モジュールの初回起動時、バージョン管理用パスワードの確認を行うように変更
DXF形式のファイル読み込み時、楕円弧形状を正常に読み込めないことがある不具合を修正
連続円の入力を行う時、指定された円のドラッキングを表示するように修正
最適化処理にて線分と線分の最適化を行った場合、繋がっていた要素が離れてしまうことがある不具合を修正
ファイルを開く時などに表示するダイアログを、Win95形式からWin2000/XP形式で表示するように修正
ヘルプファイルを開くと、常にヘルプファイルが前面に表示されるのを修正




Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.