レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










レーザーモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018

2003年

2003-10-17 Ver6.17

  • 加工指示書(タイプ3)を作成し、横長に印刷することが可能になった。また、下部に出力する項目をカスタマイズ出来るようにした。
  • 加工指示書(タイプ2)の印刷時にイメージ図を別紙に大きく印刷出来るように修正。
  • 加工指示書(タイプ2)の部品の項目に部品ごとの切断時間を追加。
  • 加工指示書(タイプ2)のイメージ図に部品配置Noを出力するように修正。


2003-09-09 Ver6.16

  • フレーム-自動コマンドにおいて自動認識するエリアを指定する機能を追加。
  • オートシーケンスの穴アプローチ点に次穴方向を追加。次穴の位置から最短距離になるようなアプローチ点を自動的に指定。
  • シーケンスコマンドにてポンチも指定出来るようにした。
  • アプローチ変形コマンドを追加(カスタムセットアップの必要有り)。経路指示後にマウスでのドラッキングによりアプローチの長さ・角度を自由に変更が可能になった。
  • マーキング線長さ調整コマンドを追加。切断する要素の指定値より近いマーキング部分を長さ調整する(カスタムセットア ップの必要有り)。
  • NCコード中に、部品名称を出すフォーマット設定を行っている場合、漢字の部品名がある場合に文字化けする場合があっ た障害を修正。
  • インクリメンタルでNCコードを出力時に、全円加工時に最小桁数(0.001など)の誤差が発生する場合があった障害を修正。


2003-07-11 Ver6.15

  • 詳細タイプの加工条件にて、自切条件の切り分けを、面積で行えるようにした。設定-パラメータ設定-アプローチ設定内の条件セットタイプに、面積を選択します。ただし、途中変化の条件指示は使用できません。
  • 切断情報内に、材料重量を記載するようにした。ただし、端材のときは出力されません。


2003-06-21 Ver6.14

  • 詳細タイプの加工条件に、エッジ条件を追加。オートシーケンス内のコーナー指定を行わなくても、加工条件だけで、コーナー詳細条件を指定できるようになった。
  • 上記に伴い、下記の変数を追加。
    • エッジ条件 冷却タイム ・・・・ {ECLT}
    • エッジ条件 ドウェルタイム ・・・・ {EDWT}


2003-05-10 Ver6.13

  • トルンプのウェルジョイント(マイクロウェルド)用に変数を追加した。
    • トルンプ用径補正逆転命令 ・・・・ {OFU}
  • ウェルジョイントにて、溶接する位置を端材側へ指定量シフトする機能を追加。
  • サブプロ内で、ピアシングごとにN番号を出力したいとき、N番号の初期化を行う変数を追加。
    • N番号値 初期化 ・・・・ {NS=}
  • パラメータ設定の早送り設定において、6桁まで受け付けるように変更。
  • 経路の大きさなどから経路作成後orネスティング後にジョイントを自動付加する機能を追加。
  • 円弧のNCコードを出力する際、IJの値をABSの値で出力するモードを追加した。
  • スリット加工において、複数のポイントを指定できるようにした。また、あらかじめ作図された連続線を指定できるようにした。
  • インデックス装置を使い、丸パイプ・角パイプ・L型鋼・C型鋼の加工に対応した(オプション)。 変数も合わせて追加。
    • パイプ加工(円筒補間)開始命令 ・・・・ {PCS}
    • パイプ加工(円筒補間)終了命令 ・・・・ {PCE}
    • パイプ加工用先頭コード ・・・・ {PST}
    • パイプ長さ ・・・・ {PIL}
  • 指示書に印刷するバーコードに対して、機能追加。
    • 印刷位置の指定
    • バーコードフォントの指定
    • フォントサイズの指定
    • 拡張子出力の有無
    • ファイル名の前後に付加文字列を指定する機能
  • 詳細タイプの加工条件に、ウォータージェット用を作成したパラメーター設定-プログラム1から、ウォータージェットを選択すると加工条件表と切断情報が変更されます。
  • 複数種の機械設定ファイル分を一括してNC生成する機能を追加。(一般ユーザーには、使用できませんが、ツールバーの編集にて使用可)
  • 下記の変数を追加
    • 初期位置 X座標 ・・・・ {ORX}
    • 初期位置 Y座標 ・・・・ {ORY}
  • バックアップにて、NcLinker/NcViewerの設定関係をバックアップできるようにした。
  • バックアップにて、日平トヤマ用開先プログラムの設定関係をバックアップできるようにした。
  • ジョイントつきの部品で、サブプロを作成するとき、パラメーター設定内の、サブプロ呼び出し基準位置が初期位置となっている場合、不要な早送りが発生していた障害を修正。
  • トルンプ(シーメンス)において、単品データをNC生成する際サブプロ形式を選んでいると、一部おかしい部分があった障害を修正。
  • コマツのレーザー加工機向けのつかみ変えコードに対応した。
  • 逆ツールパスにおいて、数値の後にEコードがある場合、正常に動作しない障害を修正。
  • トルンプ(シーメンス)を選んでいる場合、シーケンスパラメータファイル選択を行うと、アプローチ部での切りかえしが正常に動作しない場合があった障害を修正。

Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.