レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










レーザーモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018

2006年

2006-09-21 Ver6.60

  • スリット形状部を認識し、戻ってくるときに条件を変化させるもしくは、レーザーを止めて戻ってきて再度ビームオンなどの機能を追加
    (フォーマット設定 - コーナー - スリット部認識)
  • 多トーチ複写コマンドを追加(ツールバーに追加する必要有)
  • 内外判定の対象となる要素がない場合に行うと、異常終了する障害を修正
  • 英語化に伴い、パラメータ設定-プログラム3-指示書イメージ-タイプ2-印刷設定-フォント番号にて、すべてベクトルフォントとなってしまっていた障害を修正


2006-08-22 Ver6.59

  • サブプロ使用時でもドリル機能に対応(ステンレス厚板加工時など、酸素先行ピアスに有効)
  • パイプ加工時、角・長角パイプ時のZの逃げ量の仕様を変更
    (インクリメンタル値として出力するようにした)
  • パイプ加工時、角・長角パイプでも円筒補間命令を出力できるようにした
    機械設定ファイル内に下記設定を追加
    角・長角時円筒補間命令出力=1
  • パイプ加工時、符号反転を行った場合、Y(回転軸)の符号が反転しなかった障害を修正
  • 開先方向矢線表示機能を追加
  • 開先角度<->面取り量指定機能を追加
  • 開先設定に面取り時の加工条件ページを追加
  • 開先用の加工条件番号をA7まで対応
  • 加工指示書(タイプ2)を印刷した場合、一部、部品リストに印刷されない部品があった障害を修正
  • マーキング線長さ調整コマンドで、円弧に対して一部正常に動作しなかった障害を修正


2006-06-20 Ver6.58

  • 日平トヤマの新TLV/TLXのコードに対応。別途設定ファイルが必要


2006-05-23 Ver6.57

  • フォーマット設定-ポンチの設定桁数を拡張。ピアス点周辺にケガキを入れるなどの設定が可能となる
  • 単純条件タイプで、加工条件編集時に上下ボタンなどを押した時、例外エラーが出ていた障害を修正
  • 加工指示忘れ機能にて、一部修正


2006-04-27 Ver6.56

  • 加工指示を行っていない部分をNC生成時にチェックする機能を追加
  • 残材カット2で正常に動作しない場合がある障害を修正
  • 径補正を座標値で行う場合、穴が欠落する場合があった障害を修正


2006-02-24 Ver6.55

  • 任意アプローチ登録時、既に登録されている任意アプローチが正常に表示されない障害を修正


2006-02-14 Ver6.54

  • 英語版リリースに際して発生した、障害を一部修正
  • 三菱の設定でNCを出すとマーキング部分でF0が出力される


2006-01-30 Ver6.53

  • 残材カット3コマンドを追加。(コマンドリストから、ツールバーに追加する必要あり)
  • 径補正方法で、座標値を補正する場合、形状によって正常に動作しない不具合を修正


2006-01-18 Ver6.52

  • 英語版正式リリース
  • 径補正方法に、径補正コードと座標値で補正する方法を作成した(パラメータ設定-プログラム1)

Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.