レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










レーザーモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018



2016-12-26 Ver10.30

バージョンアップに伴い、パスワードも新しくなりました
加工順2コマンドのマニュアル指定、オートシーケンスコマンドの部品内マニュアル/部品毎(一般)マニュアルにて、加工順をドラッキング認識する機能を追加
NC生成コマンドにて、アプローチ移動等を行った部品は異なるサブプロ番号を割り当てるようにした
経路一括削除コマンドにて、マーキング1,2をそれぞれ削除できるようにした
アプローチ移動/変形/変更コマンドにて、単独経路だけでなく経路付き部品の場合でも、1クリック指示できるようにした
属性作成コマンドにて、文字マーキング要素をマーキング長に加算するか指定できるようにした
※初期は、この機能がONになっています。OFFにする場合、部品登録設定-その他-「属性作成時、文字マーキングを加算する」チェックを外します。
経路属性変更/アプローチ移動コマンドにて、指示部品のシーケンスパラメータを自動認識するようにした共通設定-「Atシーケンス時、部品属性によりシーケンスパラメータを自動読込する」のチェックON時のみ認識する
オートシーケンスコマンドにて、開図形の片側端点が外周上にある場合、外周側から経路を割り付けるようにした
アプローチ移動コマンドにて、右クリックでシーケンスパラメータ選択画面を開くようにした
加工指示書タイプ2の属性項目に「曲げ回数」を追加
オートシーケンスコマンドにて、シーケンス順が「最適化」の場合、開図形の加工順を最適化するようにした
経路属性変更コマンドにて、設定画面左下にシーケンスパラメータの開くボタンを追加した
開図形指示コマンドにて、要素を一括で開図形色に変更する「グループ」モードを追加した
加工指示書タイプ2のヘッダ/フッタの変数に{FNAM}{FNAM2}を追加
{FNAM} :図面ファイル名(拡張子有)
{FNAM2}:図面ファイル名(拡張子無)
加工順2コマンドにて、一時的に経路の矢線を表示しないようにした
加工条件モードが図形要素色の場合、切断条件色毎にペン番号を指定できるようにした
オートシーケンスコマンドにて、共通設定-「自動ループ検索許容誤差」より短い要素を閉じた形状と認識する不具合を修正
NC生成コマンドにて、小池印字マーキングの"'"(シングルクォーテーション)コードが正常に出力されない不具合を修正


2016-08-25 Ver10.21

加工指示書タイプ2印刷時の出力Noを新たに「部品名称順」「コメント順」「部品コード順」「サブコード順」より指定できるようにした
NC生成コマンドにて、フロー2タイプ出力時、Z軸を上昇して早送り移動する機能を追加した


2016-07-11 Ver10.20

Zund社のカッティングプロッターに対応した
加工指示書タイプ2にて、部品属性情報の指定項目ごとにカラーイメージ印刷できるようにした
加工指示書の図面イメージをより枠にフィットさせて視認性を向上した
オフセットコマンドにて、外形と穴オフセット幅を別指定できるようにした
属性作成画面にて、マーキング2の長さを表す「マーキング2長」項目を新規追加した
属性作成コマンドにて、加工指示されていない文字要素であってもマーキング長を算出するようにした
Windows10にて、ツールパスが稀に停止する問題を改善した


2016-03-01 Ver10.10

ガルバノスキャナ用に下記の機能を追加した(コマンドはツールバーに追加する必要あり)
1.スキャンエリア指示コマンドを追加
2.切断回転方向最適化コマンドを追加
3.スキャンエリア加工順最適化コマンドを追加
4.大穴分割コマンドを追加
5.フォーマット設定-スキャナ設定を追加
NC生成コマンドにて、開図形/共通線経路を「線4,円4」固定の詳細加工条件で出力する機能を追加した
パラメータ設定-アプローチ設定画面にて設定する
NC生成コマンドの座標値による径補正機能にて、開図形形状も補正できるようにした
NC生成コマンドにて、XY軸コードを任意文字指定できるようにした
フォーマット設定-軸コードにて指定する
レーザーモジュールで入出力される早送り速度の単位をmm/secに変更できるようにした。現状mm/min単位
パラメータ設定-プログラム1にて指定する
フォーマット設定の特殊コードに{ATT-M}{CTIME-M}を追加
{ATT-M} : 総加工時間 "(TT/x.xx)"形式
{CTIME-M}: 総加工時間 "x.xx"形式
切断情報の切断速度 最大/最小にて、{F05}などフォーマット変数で出力された速度も反映するようにした
パラメータ設定-機械名称にて、最大入力文字数を29文字から63文字に拡張した
小池用開先コマンドにて、開先角度文字表示/非表示切替コマンドを追加した
NC生成コマンドの印字マーキング機能にて、マーキング2は切断情報のマーキング2長に加算するようにした
従来はマーキング1長に加算されていた
NC生成コマンドなどで起動エディタ未指定時に起動される「文章の入力」画面で"OK"を押下すると、ファイルの最後部にNULL文字が挿入される問題を改善した

Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.