レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










レーザーモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017



2017-10-11 Ver10.40

NC生成コマンド/切断情報画面にて、加工指示書をPDF出力する機能を追加した
NC生成時、自動PDF出力はパラメータ設定-プログラム3-「加工指示書のPDF出力を行う」チェックにて指定する
バイストロニック社のレーザー加工機に対応した
日酸TANAKA社のステンレス減速レーザー加工に対応した
シーケンス系コマンドの進入円弧アプローチにて、指示点の垂直線上にピアスを行う機能を追加した
アプローチ設定-進入円弧アプローチの「角度」に0を指定する
自動ジョイントコマンドにて、形状の大きさによりジョイント付加する場合、穴の大きさを外周と別指定できるようにした
それに伴い、画面デザインを大幅に変更し、"大きさによる"時の条件を"幅範囲","高さ範囲"どちらかに該当変更する時、ジョイントを付加するよう変更した
加工指示書/切断情報に出力される「総重量」の算出方法を「実重量」「外重量」「角重量」から指定できるようにした
パラメータ設定-プログラム3-「総重量演算方式」にて指定する
NC生成コマンドにて、ポンチ命令を微小線分出力する機能を追加した
NC生成コマンドにて、座標系命令「G90」「G91」を出力しない機能を追加した
NC生成コマンドの座標値を補正する機能にて、補正量にマイナス値を指定できるようにした
NC生成コマンドのNC番号出力機能にて、ブロックの先頭が‘&’の場合、N番号出力を行わないようにした
加工指示書タイプ2等に出力される部品毎の加工時間にて、加工開始点までの早送り時間を含めないようにした
加工指示書タイプ2にて、別紙イメージ出力時、イメージの左上にNCファイル名を出力するようにした
残材カット1コマンドにて、要素途中から単独要素認識する「要素(単独)」モードを追加した
経路属性変更コマンドにて、残材カット1コマンドで作成された端面経路の径補正方向を変更できるようにした
属性作成(変更)コマンド画面にて、「図面名称」「図番」「作成者」の履歴を20件まで保持するようにした
フォーマット設定の特殊コードに{PRTX}{PRTY}{ARAX}{ARAY}{PFNM}{SBCNT}を追加
{PRTX} : 部品サイズX
{PRTY} : 部品サイズY
{ARAX} : 実加工サイズX
{ARAY} : 実加工サイズY
{PFNM} : 部品ファイル名称
{SBCNT} : サブプロ毎の呼び出し回数
加工指示書タイプ2の「ヘッダ」「フッタ」部の特殊コードに{YY}{MM}{DD}を追加した
{YY} : 納期年
{MM} : 納期月
{DD} : 納期日
NC生成コマンドにて、円弧命令I・Jの指定方法がABSでモーダル管理を行う場合、IJ値が0だと出力されない不具合を修正
NC生成コマンドにて、N番号出力タイミングを「移動命令後」とし、フォーマット設定の初期早送り後に{NN}を指定した場合、同一のN番号が出力される不具合を修正
NC生成コマンドにて、コマンドを抜けてもグループ16レイヤが表示状態になることがある不具合を修正
経路設定コマンドの単独モードにて、全円に続けて接続する直線(円弧)を指示すると、正常に経路が登録されない不具合を修正


2017-03-15 Ver10.31

コータキ精機の印字マーキング加工に対応した
NC生成時のイメージ出力機能にて、完了部品をイメージ出力できるようにした
※初期は、この機能がONになっています。OFFにする場合、パラメータ設定-プログラム3-イメージ出力設定-「完了部品を出力する」チェックを外します
早送り経路/連続切断コマンドにて、経由点指定時、経路レイヤのみ参照とする、自動レイヤコントロールを行うか指定できるようにした
ピアス(ポンチ)加工の切断時間計算方法にて、加工条件表のピアスの「ピアス時間S」項目値を含めて計算するように変更した
NC生成コマンドにて、「マーキング1」「マーキング2」「印字マーキング」の軸コードをそれぞれ指定できるようにした
フォーマット設定-マーキング設定-軸コードにて指定する
オートシーケンスコマンドにて、開図形のシーケンス順が最適化となっている場合、開図形指示されている連続要素に経路が正常に登録されないことがある不具合を修正
加工指示書タイプ2にて、印刷設定の部品輪郭が「モノクロ」になっている場合、リストの部品イメージ色がカラーになることがある不具合を修正
複合機用機能にて、下記の変更を加えた
1.機械設定ファイルに"-L"を付加する仕様を廃止
2.加工条件ファイルに"-B"を付加する仕様を廃止
3.フォーマット設定に「バリ潰し」設定を追加
4.シーケンス系コマンドにて、切断経路とバリ潰し経路を重複登録できるようにした
5.加工順2コマンドにて、金型付き部品を認識するようにした
6.金型が存在する箇所にポンチ登録できないようにした


Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.