レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










レーザーモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018



2018-10-01 Ver11.00

バージョンアップに伴い、パスワードも新しくなりました
残材カットPコマンドを追加した(プラズマ用)
加工指示書関連の設定情報を現状の機械設定ファイルとは別に、共通情報として設定できるようにした
パラメータ設定-プログラム3-「共通設定を使用する」チェックONにし、共通設定-指示書設定にて設定する
部品属性情報に関連する項目名称を機械設定ファイル、モジュール毎ではなくシステム全体の共通情報として保持するようにした
※パラメータ設定-プログラム3-印刷設定(タイプ2)にて編集する
シーケンス系のコマンドにて、穴加工時のスクラップを細かくスライスする穴スライス加工機能を追加した
属性作成/変更コマンドにて、部品属性情報に下記の情報を保持できるようにした
「形状」「機種」「ユーザー名称」「備考1」「備考2」「図面ファイル名」「作成者」
日高機械の印字マーキング加工に対応した
加工指示書タイプ2の属性項目に下記の情報を追加した
「ユーザー名称」「備考1」「備考2」「工程」「工程(略称)」「機種」「形状」「図面ファイル名」「作成者」「穴詳細」「開先V長」「開先V個別長」「開先K長」「開先K個別長」「その他1長」「その他1個別長」「その他2長」「その他2個別長」
加工指示書のイメージに加工原点マークを出力するようにした
NC生成時、加工指示書のファイル出力機能にて、下記の機能を追加した(@PartsLink対応)
1.切断情報を出力するか指定できるようにした
2.板/NC関連の情報を出力できるようにした
3.固定ファイル名出力できるようにした
NC生成コマンドにて、配置角度が異なる同一部品を1つのサブプロとして出力できるようにした(サブプロ呼出時、部品の回転角度出力に対応)
NC生成コマンドにて、切断経路、マーキング1,2経路をそれぞれNC変換するか指定できるようにした
インクジェットマーキングだけ別装置対応(パラメータ設定-プログラム2)
NC生成コマンドにて、事前焼却経路に対しても加工条件-エッジ条件を反映するようにした
マスク設定の「曲げ線」「溶接線」「スクライビング」「アプローチポイント」「塗り潰し」マスクをPOST、シーケンスパラメータに保持していたが、共通設定に保持するように変更した
フォーマット変数の{NLE:xx}にて、次ブロックがコーナー条件命令等を出力中の場合は、その次のブロック最後部に出力するようにした
定型板設定の材質の最大数を100から150に拡張した
加工指示書のoo力機能にて、文字背景を塗り潰すか指定できるようにした
※初期は塗り潰さない設定になっています。変更するには、パラメータ設定-印刷設定-「文字背景を塗り潰す」チェックONにします。
フォーマット設定の特殊コードに{MINX}{MINY}{MAXX}{MAXY}{SBX2}{SBY2}{SBANG}を追加
{MINX}: 実加工エリア左下座標値X
{MINY}: 実加工エリア左下座標値Y
{MAXX}: 実加工エリア右上座標値X
MAXY}: 実加工エリア右上座標値Y
{SBX2}: 「サブプロ内座標原点」を基準とした「サブプロ呼出基準位置」の相対座標値X
{SBY2}:「サブプロ内座標原点」を基準とした「サブプロ呼出基準位置」の相対座標値Y
{SBANG}:部品配置角度
加工指示書のカラー印刷機能にて、色分け項目を「部品名称」「部品コード」「サブコード」のいずれかにしている場合、情報が空白であっても色が割り当てられることがある不具合を修正
シーケンス変換コマンドにて、経路付き部品を認識しないことがある不具合を修正
アプローチ移動コマンドの連動機能にて、部品ファイル名が1文字の場合、異なる部品が連動することがある不具合修正


2018-04-09 Ver10.50

バージョンアップに伴い、パスワードも新しくなりました
ドイツ ARISTO社のカッティングプロッターに対応した
NC生成系コマンドにて、部品毎の加工順を自動再定義する機能を追加した
シーケンス系コマンドにて、パーツインパーツ部品の加工順を、自動的に穴の中の部品が先になるようにした
シーケンス系コマンドのXY軸優先機能にて、指定軸によるエリア分割後、エリア内でも列分割を行い、最適な加工順を指示できるようにした
シーケンス系コマンドのXY軸優先機能にて、従来は基準座標から等ピッチで優先幅を設定していたが、優先幅の基準座標を優先幅ごとに求めるようにした
シーケンス系コマンドのXY軸優先機能にて、従来はアプローチ点で処理するようにしていたが、部品センターで処理するようにした
シーケンス系コマンドのXY軸優先機能にて、図面から優先幅を計測する「優先幅」ボタンを追加した
ポンチコマンドにて、右クリック-設定でポンチする順序を指定できるようにした
材質対応テーブルにて、材質名とシーケンスパラメータの材質名称を関連付ける設定を追加した。切断条件が同じになるようなシーケンスパラメータを集約できるようにした
加工指示書の部品tz置機能にて、部品ファイル名を印刷出来るようにした
加工指示書の部品輪郭カラー印刷時、「優先順位」色分けとなっている場合、優先順位番号=パレット番号とした
残材カット1コマンドにて、グループ番号を指定できるようにした
加工指示書のPDF出力機能にて、加工指示書タイプ2、タイプ3の印刷方向を指定できるようにした
パラメータ設定-プログラム3の各印刷設定にて設定する
オートシーケンスコマンドにて、指定した要素長以下の短辺にアプローチを付けない「短辺要素からアプローチ禁止」機能を追加した
オートシーケンスコマンドにて、直角コーナーに優先的にアプローチを付ける「直角コーナーからアプローチ優先」機能を追加した
オートシーケンスコマンドにて、「部品内穴・一般穴・開図形順序」項目の処理をポンチにも適用するようにした
オートシーケンス/シーケンスの指示点の垂直線上にピアスを行う機能にて、脱出円弧アプローチにも対応した
オートシーケンスコマンドのシーケンスパラメータ自動読み込み機能にて、既に当該部品の材質板厚シーケンスパラメータが選択されている場合、選択画面を表示しないようにした
加工条件設定の板厚毎の情報最大数を、60から100に拡張した
残材カット1・2コマンドにて、端材ネスト図面に対応した
加工指示書の材料印字書式にて、手動ネストファイル名称を表す変数{SHTFN}を追加した
日酸TANAKA印字マーキング機能にて、新機種で追加されたひらがなと漢字及び規格変更された文字サイズに対応した。日酸TANAKA2の機械タイプで出力が可能
NC生成時、CAD要素の上に結合解除された経路がある場合、実質NC変換されないので、非加工要素としてワーニングを出すようにした
NC生成コマンドのエッジ条件機能にて、円弧と逆接線のコーナー(一直線になるようなコーナー)にコーナーRを付加できるようにした
NC生成コマンドのエッジ条件機能にて、コーナーR半径と同じ幅の階段状のコーナーにコーナーRを付加できるようにした
残材カット1コマンドにて、日酸TANAKA社のステンレス減速レーザー加工に対応した
加工指示書の部品輪郭カラー印刷時、色が割り当てられていない部品にも色を割り当てるようにした
オートシーケンスコマンドにて、任意アプローチ付加時に例外エラーで強制終了することがある不具合を修正
NC生成コマンドにて、文字マーキングの事前焼却が行われない不具合を修正
NC生成コマンドにて、事前焼却ONで同一部品が複数存在すると、同一サブ番号内容のサブプロが部品数分出力される不具合を修正
スカラップ形状にアプローチを付け、且つドリル設定で変数に{ORGX}{ORGY}を使用していると、R形状がNC時に変形する不具合を修正




Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.