レーザー・プラズマ・ガス・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスター・ベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net










ハンディプラスモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018



2009-12-16 Ver6.96

Windows7正式対応しました
図形補正コマンドに微小線削除機能を追加
図面連続配置にて、一度に配置できる図面の数を128ファイルから、512ファイルへ拡張した図面の最大要素数を超えた場合はワーニングを表示する
図面連続配置のファイル選択ダイアログをWin95形式からWin2000/XP形式に改善した


2009-10-01 Ver6.95

全モジュール共通コマンドとして切幅補正線の表示・非表示コマンドを追加
画面右上にある属性バーの「要素数」カウンタの右側にボタンアイコンが追加される
図面連続配置にて経路付き部品の結合が解除される不具合を修正


2009-07-30 Ver6.94

点接続コマンドを追加。点要素を範囲選択し点間を線分で接続する
セットアップではメニューに出ない為、カスタマイズによりツールバーに追加する必要有(要カスタムセットアップ)
型鋼作図-H型鋼にて凹部にRを指定できるようにした
型鋼作図-FC(C型)にてR2の値でtを作図していた不具合を修正
図形補正-最終ループ補正機能にて円弧の始角側がマイナス値となる要素の場合、正常にループ補正が行なわれないことがある不具合を修正
内外判定にて全円要素に対して'0'度角の位置に接続する要素が存在する場合、開図形として認識してしまうことがある不具合を修正


2009-03-26 Ver6.93

図形補正コマンドに穴記号変換機能を追加
変換元図形を登録しておき、範囲選択を行った領域の中から一致する図形を抜き出して、指定された穴(円)へ変換する機能です。
元図形との要素チェック(線種・ペンNo・レイヤ)の項目を選択することにより、対象図形と変換元図形の属性が一致するかを確認し、一致しない場合は変換を行いません。
変換後の穴(円)の属性(ペンNo・レイヤ)を指定できます。
ファイルを開く時、ファイルを保存する時に表示するダイアログをWin95形式からWin2000/XP形式で表示するように改善
パターン作図にて点パターンを選択している場合、色番号、点種番号を変更しても反映されない不具合を修正
図形補正で行われる最適化処理が、連続した要素の微小誤差の範囲で離れて更新される場合があるため、第一線の始点と第二線の終点を使用するように修正
図形補正-最適化処理にて線分と線分の最適化を行った場合、繋がっていた要素が離れてしまうことがある不具合を修正


2009-01-07 Ver6.92

接続平行線コマンドを追加
パターン作図コマンドに多角形パターン形状追加
パターン作図コマンドにだるま穴パターン形状追加
パターン作図コマンドに中心点/コーナーに点を作図する機能を追加。コーナー点は「R付角」「C面付角」「長丸」が対象となる
図形補正-全角英数字を半角に変換する機能を追加
図形補正-穴変換処理で穴中心に文字列を作図する機能を追加
変換先?項目に"文字列",文字高さ,ペン番号を指定する
例) "Test",10,1



Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.