レーザー・ネスティング・タレパン・板金展開等 板金系CAD/CAMソフトを開発・販売しています。
Takesoft 株式会社 テイクソフト ホームサイトマップ問い合わせ
製品情報サポート更新情報会社概要オンラインショップ-Monoffice-リンク
製品情報
2DCAD/CAM
SheetPartner
3DCAD

SheetPartnerBEND
Extractor
NCデータシミュレータ
G-Tracer
ラスターベクトル変換システム
KS/KL
3DCAD/CAM
SheetPartner5X
Mastercam
NCデータ転送システム
NC Linker
N1068
N1068net











パンチモジュールVerup情報
Verup
Top
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017




2017-03-15 Ver10.31

グループ指定2コマンドのマニュアル指定時、ドラッグ認識により加工順を指定できるようにした
また、部品の場合、金型自動並替設定により、部品内の加工順を並び替えるようにした
  つかみ換えコマンドにて、自動計算時、ワークホルダーと金型の干渉チェックをレンジ径ではなく、金型の実形状で行うようにした
  NC生成(複合機)/ツールパスコマンドにて、端材枠に対応した
  金型選択画面にて、参照ボタンより金型配置ファイルを変更できるようにした
  金型選択/金型配置設定画面を拡張して視認性を向上した
  つかみ換えコマンドにて、加工範囲ドラッキング時、タップ加工範囲を表示するようにした
  複合機用機能にて、下記の変更を加えた
1.自動ピアスパンチ金型を板厚範囲毎に5種類指定できるようにした
2.加工指示書にレーザー/バリ潰し/スクライビングの加工長を出力するようにした
3.加工順変更コマンドにて、レーザー経路も認識できるようにした
4.NC生成(複合機)にて、レーザーポンチコードを出力できるようにした
5.ツールパスコマンドにて、レーザーポンチに対応した
  フォーマット設定の変数に下記を追加した
金型配置ファイル名称 ・・・ {ARR}
  フォーマット設定の変数{MLIS}にて出力される金型種類を下記のように変更した
"C-PUNCH"→"BEADING"
"SEIKEI"→"OTHERS"
"KOKUIN"→"OTHERS"
  NC生成にて、先頭でつかみ換えを行う場合、「ホルダーY補正量 200(中)」を参照するようにした
  NC生成コマンドにて、自動割付コマンドにて割り付けられた抜き潰し穴が存在する場合、正常につかみ換え位置が元に戻らないことがある不具合を修正
  つかみ換えコマンドにて、追い抜き分割時、分割位置が加工範囲を越えてしまうことがある不具合を修正




























Copylight (C) 2007 TakeSoft All Rights Reserved.