SheetPartner 5X

5軸レーザー加工機用CAD/CAMシステム
板治具自動作成やオフラインティーチング機能など、機械の性能を最大限に引き出すCAD/CAMシステム。

資料請求 オンラインデモ

商品概要

SheetPartner 5Xは5軸レーザー加工機の性能を最大限に引き出すCAD/CAMシステムです。
切断経路や板治具の作成からプログラムの出力まで専用のコマンドで行いますので、簡単にシステムの導入がはかれます。
また、NCデータを使用してシミュレーションやオフラインティーチングまで行いますので、実機を使う感覚で操作を行うことが出来ます。

機能紹介

  • CAD Module
  • CAM Module
  • Simulation Module
  • パイプカット(オプション)

板治具作成機能

平面上に板ジグの格子ラインを作図するだけで、簡単にモデルの断面形状から板ジグとベースプレートの切断形状を自動作図します。
また断面形状の編集も簡単に行えます。この後、通常の切断加工機能で切断用NCデータを出力することもできます。

板治具上にレーザーが通過する場合に、逃げを自動で作成

カットラインと板ジグを選択するだけで、レーザーが板ジグ上を通過する部分に、Rかコの字の逃げ形状を自動で作成します。

ソリッドモデルからサーフェスを簡単抽出

連続している(正接)ソリッドの面を自動で抽出することができるため、板厚上面だけのサーフェスを、簡単に抽出することができます。

読み込み可能なCADデータ形式

標準でDXF・DWG・IGES, STEP, ACIS, Parasolidデータ形式入力を備えており、SolidWorks・Inventor・ SolidEdge・Rhinoなどの生データもダイレクトに読み込みます。
また、オプションにてCATIA V4・CATIA V5・Creo・NX9データを読み込むことも可能です。

同時5軸切断

面に投影された2D形状、他CADから読み込んだ形状や3Dラインに、自動的に面直の切断経路を付けます。もちろん、指定ラインの中心・右・左・オフセットの指定や進行方向の変更も簡単に行えます。
またノズル部は自動干渉回避機能にて自動的に干渉を回避した姿勢を計算します。

穴加工固定サイクル(穴パターンマクロ)

丸・長穴・四角などの形状は、固定サイクル(穴パターンマクロ)としてNCデータを作成しますので、加工機側で後から穴サイズの変更を簡単に行うことができます。

早送り移動の逃げ距離を最適化

穴から穴への移動や、穴から外周への移動時に、できるだけ製品から近い距離で移動できるよう、Zレベルを最適化します。

ビーム角度調整と間引き&三点円弧変換機能

一般的に高い精度で作成された同時5軸切断経路は、膨大な量の微小直線で構成されます。これを適切に間引きしたり、3点円弧に変換したりして点数を削減することができます。
これにより、プログラムサイズを小さくするばかりでなく、最終段階でのヘッド傾斜調整の時間が大幅に削減されます。
またCAMの段階でもビーム角度を自在に変更できますので、例えば固定の傾斜角など、面直以外の切断角度も容易に作成することができます。

機械の動作と切断のシミュレーション

プロジェクトマネージャに組み込まれたAlphaCUTは、5軸レーザー加工機の動作を完全にシミュレートできます。
あらかじめ設定してある機械の設定データと、個々に作成されたモデルデータ及びNCプログラムを読み込んで、実際の切断と機械の動作をリアルに確認できます。

自動干渉チェックと姿勢変更

干渉チェック機能はヘッド部だけではく、機械の可動部が全て対象となります。シミュレーションを実行すると、自動的に干渉したNCプログラムステップにマーキングされ、干渉部が赤色に変化します。設定によってはその場で一時停止させることも可能です。

A/C軸高速トレースチェックとプログラム更新

シミュレーションが完了すると、切断経路や早送り経路を線で描画することができ、さらにヘッド(A/C)をトレース移動させてスピーディーに再確認することができます。
また、ヘッドを手動操作で姿勢変更ができますので、前後の姿勢を確認しながら調整作業をスムーズに行えます。この時干渉が回避された時点で赤色から元の色に戻り、干渉がなくなったことが容易に確認できます。
姿勢を変更するとき、そのポイントの前後を滑らかに変化させるモードやポイントを挿入するモードも備えており、自在なプログラム修正が可能です。

貫通穴切断線作成機能

角・長穴・丸パイプを貫通させる穴に対して、面直に加工できるよう自動演算して切断ラインを作成します。
また、本来のパイプを通した状態での加工も行うことができます。

加工シミュレーションと干渉チェック

加工機の動作を完全にシミュレートできる為、インデックス装置の動きもリアルに確認することが可能です。製品やインデックス装置にノズルやヘッド周りが干渉すると当たった部分が赤く表示されます。
また、インデックス装置がない場合でも予め用意した治具形状でNC作成・干渉チェックなどのシミュレーションを行うことができます。

動作環境

  • OS

    Windows7 pro SP1/Windows8.1 pro/Windows10 pro
    ※バージョン2017R1からは64bitのみ対応

  • CPU

    IntelR Core i/Xeon

  • メインメモリ

    16GB以上

  • グラフィック

    NVIDIA Quadro P600以上

  • 解像度

    フルHD 1920×1080以上

  • マウス

    インテリマウス

  • プリンタ

    Windows準拠のドライバ

  • インストールメディア

    DVD-ROM

SheetPartner 5X加工機メーカー対応一覧

PAGE TOP