SheetPartner M-BEND

最新の機能を備えたベンドシミュレーションソフト

資料請求

商品概要

SheetPartner M-BENDは曲げ工程を効率よく進めていくために、使用する金型、パンチ、ダイ等の組み合わせ・曲げ順番・干渉せずに曲げが実行できるか事前にシミュレーションを行えます。加工機によってはNCデータの作成まで行えます。

データの流れ

機能紹介

  • 曲げシミュレーション
  • 自動処理
  • データの受け渡し

自動金型・曲げ順検索

金型・曲げ順同時検索が可能です。干渉を考慮した検索はもちろん、V幅・曲げR・耐圧も考慮します。
選択した加工機の保有金型から検索・よく使うお気に入り金型から検索と検索範囲を指定し実行できます。また、有効な金型段取りを決めて(固定)自動処理が行える為、金型の取り替えを極力少なくし、無駄な労力や時間を短縮させることができます。

手動金型選択・金型セットアップ

手動金型選択では選択画面にて、曲げR・高さ情報が表示され確認を行いながら決めることが可能です。
よく使用する金型のセット(固定段取り)をセットアップファイルとして登録。登録したセットアップファイルを読み込み、段取り固定セットで曲げ実行できるか試すことが出来ます。段取り削減に有効な機能です。

干渉チェック機能

パーツと金型・中間板・加工機の干渉をチェックします。
スプリングバック時の干渉もチェックでき、次工程へのハンドリングシミュレーションも確認可能です。

自動処理(バッチ処理)

複数部品データの、金型選択からNCプログラムの出力(一部の加工機に対応)までを自動で処理を行う機能です。
金型固定、部品ごとの金型検索指定が可能で、且つ、複数台の加工機を指定し、実行することが出来ます。
NCプログラムまで作成が出来ない部品は、処理できたところまでの状態で保存されます。金型選択はできたが、曲げ順が検索できていない場合には金型を選択したところで保存となります。自動処理の結果が下記のようにツリー構成で表示され、どこまで処理されたのか確認でき、ファイルを開き手動修正することができます。

SheetPartner 3DSWからのデータ受け渡し

3D板金展開ソフトSheetPartner 3DSWからのデータ受け渡しは、CADLink(SolidWorksアドイン製品:オプション)を使用して3Dモデルを直接SheetPartner M-Bendに転送する方法と、曲げ情報を注記した展開後のDXFファイルをSheetPartner M-Bendで読み込む方法があります。単品ファイルでの処理と一括自動処理での操作が可能です。

ダイレクト読込単品処理
ダイレクト読込一括自動処理
DXF一括自動処理

SheetPartnerからのデータ受け渡し

SheetPartnerからのデータ受け渡しは、曲げ情報を注記したDXFファイルをSheetPartner M-Bendで読み込みます。
3D CADをお持ちでなくても、2D CAD/CAMで出力したDXFファイルだけで曲げシミュレーションが行える為、高度な3D CADのスキルを必要とせず、簡単に操作頂けます。

動作環境

  • OS

    Windows10 pro
    ※64bitのみ対応

  • CPU

    IntelR Core i7/i9/Xeon

  • メインメモリ

    16GB以上

  • グラフィック

    NVIDIA Quadro P600以上

  • 解像度

    フルHD 1920×1080以上

  • マウス

    インテリマウス

  • プリンタ

    Windows準拠のドライバ

  • インストールメディア

    DVD-ROM

SheetPartner M-BEND メーカー対応一覧

PAGE TOP