SheetPartner 3DSW

中小企業経営強化税制対象ソフトウェア

長年の板金設計と加工ノウハウを考慮し板金業界をリードする、
このクラス最上位の3次元(3D)板金展開・設計ツール。

資料請求 オンラインデモ

商品概要

SheetPartner 3DSWはSOLIDWORKSの3次元(3D)CAD上で100%動作します。
板金パーツ、及びその編集は、SOLIDWORKSの全機能が利用できます。
SOLIDWORKS にアドオンして使用する展開アプリケーションの機能を使うことで、より簡単な操作で展開が可能です。

SheetPartner 3DSWによるモデリングの流れ

機能紹介

  • モデリング機能
  • アセンブリ
  • シートメタル機能
  • インポート・その他
  • 3D CADビューア
  • ダクティング機能

様々なモデリング機能

押し出し・ロフト・スイープ・シェル・フランジなどの機能を使用して、簡単にモデル作成が可能です。

SolidWorks標準機能でモデリングを行い、折り曲げ部はシャープコーナーのまま、展開アプリケーションで展開できます。

EXCELリンク機能

SOLIDWORKSには無い関数や複雑な計算をEXCEL上で実行し、その結果をtxt(テキスト)ファイルに出力して、SOLIDWORKに取り込む事が可能です。

これにより、設計主要寸法を複数の部品にリンクし、EXCEL内の数値を変更する事で、全てのパーツにパラメータを引き渡し、同形状・寸法違いの部品も簡単にパターン化できます。

部品分割機能

モデリングした部品を、曲げ・溶接のことを考えて、任意の形状に簡単に分割することができます。
もちろん、分割したボディ毎に展開も可能です。

ボトムアップ・トップダウン設計

SolidWorksではボトムアップ手法とトップダウン手法からアセンブリ方法を選択できます。

ボトムアップは、最初に部品を作り、それからそれらをアセンブリに挿入して、部品を配置し、組み合わせていくアセンブリ手法です。
一つ部品のサイズを変更すると、その部品に関わる部品のサイズ変更も部品毎に行う必要があります。
ボトムアップ手法は、製造の方など、サイズが決まっている規格構成部品の組み立てを行う際に望ましいテクニックです。

トップダウンは、全体の構造から各部品の形状や大きさ、位置関係をアセンブリ上で設計する手法です。
ベースとなる部品又は、構造レイアウトから位置関係やサイズを指定していくので、一つ部品のサイズを変更しても、その部品に関わる部品も自動でサイズが変更されます。
トップダウン手法は、設計の方など、設計変更が発生する際に望ましいテクニックです。

アセンブリから3面図へ

アセンブリした部品を簡単に三面図にすることができます。
正面図・側面図・等角図などのビューはドラッグするだけで作成でき、詳細図、断面図も場所を指定するだけで簡単に作成可能です。
モデル寸法の自動配置も行えます。パーツを変更しても自動的に反映されるので、ミスが軽減されます。

干渉チェック機能

アセンブリしたデータの干渉チェックを行うことができます。
寸法間違いなどの設計ミスを防ぐことができます。

シャープコーナー展開

折り曲げ部にコーナーRが付加されていなくても簡単に展開できます。

属性支援機能

コーナーが割れていない部品も、属性情報を与えることにより展開が可能になります。
また、展開に使用する展開計算方法(伸び値テーブル・K-ファクター・計算式〔DIN規格〕など)に加え、各折曲げ部に個々の伸び値や折り曲げ半径などを指定することも可能です。

3方R展開

3方向からコーナーRが重なり合うコーナー部分の展開ができます。
従来までは一度ピン角に戻してから展開を行う必要がありましたが、SheetPartner 3DSWでは実際にカットするか(左図1)、”コーナー分割属性” (左図2)を指示するだけで、コーナーRが交差している状態でも展開できます。

両面形状展開

エッジを垂直にカットさていないパイプ形状も問題なく展開できます。
展開形状は、表側と裏側、両方の輪郭を展開することが可能です。

溶接ライン作図機能

溶接する部品の位置を予め指示し、それを展開時にマーキング線として出力ができます。溶接したい部品のエッジ部分を一か所選択するだけで、簡単に指定が可能です。

SheetPartnerと連動

展開終了時に、自動的にDXFファイルが作成され、ボタン一つで簡単に2D CAD/CAM SheetPartnerへ展開図を取り込むことができます。

また、複数のDXFファイルを同時に取り込む際には、曲げ線箇所にSheetPartner3DSWで設定したファイル名や材質名・板厚の情報を自動注記することが可能で、レーザー・パンチ等のNCデータを作成及び、自動ネスティングがスムーズに行えます。

一括展開

SheetPartner 3DSWでは、アセンブリの状態から板厚や展開基準エッジを自動で認識し、一括で展開図を作成することが可能です。
元々板金情報をもっていない外部データ(STEP・IGES・Pro/Eなど)でも、材質情報を割り当てるだけで、簡単に展開ができます。

3Dデータのインポート

他のCADでモデリングしたSTEP・IGES・Palasolid・ProEファイル等をインポートして簡単に展開できます。
インポートの際、どのようなデータが変換できなかったか、内容を示す変換レポートが表示されるようになっています。また、インポート後に診断が行え、エラー内容の分析も可能です。

ダウンロード部品(3Dデータ)の利用

ダウンロードしたボルト・ナット・座金などのCADデータをアセンブリ内にインポートし、組み合わせることも可能です。
ダウンロード可能メーカー一覧

直接編集機能

穴位置変更/削除/サイズ変更等をフィーチャベースのモデリング履歴関係なく直接編集できます。これにより従来では修正に手間がかかる変更や、他のCADシステムで作成したSTEP・IGES・Palasolid ・ProEなどのソリッドモデルの修正を容易に行うことができます。
今までフィーチャベース モデリングによる制約に縛られていたお客様は、さらに思い通りの設計を行うことができるようになります。

鋼材レイアウト機能

鋼材レイアウト機能は、機械の内部構造や架台のフレーム構造、足場や階段などの設計を間単に行うことができるようになります。
このツールにより、鋼材の選択、配置、突合せ処理を連続して行うことができ、短時間でフレームを作成できます。

e drawings

eDrawingsは、SOLIDWORKSをはじめとした3次元CADのモデルを共有・閲覧することができる3Dビューアソフトです。
さらにeDrawingsは3次元モデルだけでなく、2次元図面データ(DXFやDWG)も閲覧できます。
パソコン版の他にモバイル版もありますので、タブレット端末にeDrawings for mobile(有償)をインストールすることにより、現場でSheetPartner 3DSWで作成した部品や図面を閲覧し、回転・画面の拡縮を行いながら、寸法や曲げ方向などが確認できるため、ミスの無い曲げ加工を実現します。客先でのプレゼンテーションでも有効活用できます。
パソコン版

対応形式:
SOLIDWORKS・edrawings・Autodesk Inventor Series ・Google SketchUp・Google SketchUp・NX/Unigraphics・Pro/ENGINEER・Solid Edge・STEP/IGES/STL, OBJ, DWG/DXF files, and Rhino formats・CATIAR V5・DXF・DWG

《Windows版》
e Drawings(無償)
e Drawings pro

ホームページよりダウンロード
SOLIDWORKS Professional以上を購入で付属

e Drawings(無償版)とe Drawings pro(有償版)の機能比較

e Drawings(無償版)はSolidWorks standardで保存したSolidworksデータ形式(sldpart・sldasm・slddrw)と外部データ形式(STEP等)の測定とマークアップ(注記)ができません。その他機能は同等です。
→PC版機能詳細比較

モバイル版

モバイル版はiOS版とAndroid版があります。
モバイル端末へは、メール・Dropboxなどのクラウドストレージアプリ・itunesを介してデータをコピーします。
タブレットなどのモバイル端末で形状を確認できる為、現場で部品の形状を閲覧し、寸法や曲げ方向などが確認できるため、ミスの無い曲げ加工を行うことができます。また、客先でのプレゼンテーションで、形状を見ながら話を進めることができる為、有効活用できます。

対応形式:
SOLIDWORKSR(ファイル名に日本語使用不可)・edrawings・STEP・IGES・DXF・DWG

《iOS版》
e Drawings   ¥250  AppStoreよりダウンロード
e Drawings pro ¥1,220 AppStoreよりダウンロード

《Android版》
e Drawings   ¥228  GooglePlayよりダウンロード
e Drawings pro ¥811  アプリ内課金

e Drawingsとe Drawings proの機能比較

e Drawings proは測定・断面表示・マークアップ(注記)機能が使用できます。その他の機能は同等です。
→モバイル版機能詳細比較(iOS版)

ダクト展開パターン

ダクティングは、溶接ギャップを考慮した各種パイプ(上下異形状を含む)、及びフランジを自動作成する強力な設計支援ツールです。
各種パイプ別に表示されるダイアログボックスのパラメータを指定するだけで、ソリッド形状が作成されます。

  • 種類

  • 標準部品

    パイプ、エルボ、円錐、エビ管、四角柱、四角錐など

  • 異連結形部品

    角丸、二股Y管(対称・非対称)、エビ円錐など

  • 連結部品

    T字同径、T字異形、T字分岐(異形)など

  • 付属部品

    角フランジ、丸フランジ

  • その他

    ヘッド部品、各パターンの編集

動作環境

  • OS

    Windows7 pro SP1/Windows10 pro
    ※64bitのみ対応

  • CPU

    IntelR Core i 3GHz以上

  • メインメモリ

    16GB以上

  • グラフィック

    認定済みのカードとドライバ

  • 解像度

    フルHD 1920×1080以上

  • マウス

    インテリマウス

  • プリンタ

    Windows準拠のドライバ

  • インストールメディア

    DVD-ROM

  • Microsot Excel/WORD

    2013/2016/2019(SW2019 SP2より)

  • インターネット

    光回線接続

PAGE TOP